学歴が全てじゃない!学歴よりも経験の方が100倍大事な時もある。

SPONSORED LINK
こんな記事を拝見。
学歴は重要。やりたいことがないなら偏差値の高い大学に行くべき | やぎろぐ
早稲田に入って4年、八木仁平です。 どちらかというと高学歴と言われる早稲田に入ってその中で4年間過ごして、どうせなら学歴はあった方がいい。 ぼくがそう感じている理由を説明します。   SPONSORED LIN...

誰もが知るカリスマブロガー、八木仁平さん()

今日はこの記事を元に、 社会人4年目の私が考えを述べていこうと思います。

 

高学歴は「持っているだけ」では宝の持ち腐れ

私が勤める会社には、九州大学卒業とかたくさんいるんですよね。東京の本社には東京大学卒業もいれば早稲田大学卒業もいます。

しかしその人たちがちゃんと成功してるか、と言われれば「イエス」とは言い難い。

学歴があれば入社前のチャンスと確率が格段に上がりますが、ぶっちゃけ入社後は関係ありません。学歴はあくまでも入社前の武器。

入社してしまえば高学歴だろうと学歴ナシだろうとみんな同じライン。そこからは会社のためにどれだけ本気でやって実績を残せるか、というのが何より大事になってきます。

仮に最初給料に差があったとしても、そんなものは実力で埋めることが十分可能。

「学歴=成功」ではないのです。

ただ、学歴が高いから「自分すごいだろ」と有頂天になってるだけの人はすぐに潰れます。社会はそんに甘くはありません。

 

大学で得られるものって何?

大学に行くなら卒業まで何百万も払うだけの価値があるものを手に入れられるかが大事で、ただなんとなく卒業して学歴だけしか残らないのなら時間もお金も無駄。

それなら社会出て働いた方が学べることはたくさんある。それか海外に行ったりとか。

学歴はかなり立派な武器ですが必ずしも生涯通用するわけではありません。一番効力を発揮するのは最初の就活の時です。それ以降は職歴があるわけですから職歴を重視されるに決まってます。

大学生くらいの年齢って、その時の経験が将来すらも変えてしまう時期だと思うんですよね。

その時期の経験がとても大切です。

目標もなくただ卒業するまでなんとなく過ごせばきっとなんとなくな人生を送ってしまうと思う。目標を持って学業以外にもいろんなことにチャレンジしていればきっと常にどんなことにも挑戦できて自分を伸ばしていける。

つまり、せっかく大学生という自由な時間を手に入れたのなら常にチャレンジ精神でいるべきだということ。毎日なんとなく過ごすなんて勿体無い!!

実際に会社で伸びる人は常に挑戦を続けてます。

偏差値の高い有名大学に在学してるとしてもそれに満足せず、人とは違うたくさんことにチャレンジし経験を積んでいって下さい。

 

大学に行かなかった私の4年間

私は大学には行っていませんが大学生にも負けない価値のある時間を過ごしてきたと思っています。

実は結構な大手企業にいて、そこで22歳の時これからが大きく変わるようなチャンスを貰いました。

大学に通っていたら22歳で企業の中での大きな経験って出来ないじゃないですか。その時点で私には3年目というキャリアがあったのでとび抜けて早かったわけではないんですけど、その歳で経験出来たことに意味があると感じています。

私がいる会社は学歴よりも実力重視な会社です。そんな会社も増えています。

入社するまではかなり大変でへこたれてましたが、19歳という歳で社会に出たからこそ今年入社した同い年の子や来年入社してくる1つ年下の子たちよりも私は何歩も先にいることができるのです。

 

しかし私には、大学進学を選択しなかった後悔がある

と言いつつ実は私、ハタチの頃「やっぱり大学で学びたいことがあるんで仕事やめます!本当にすみません!」と上司に泣きついたことがあるんですよね。学びたいことがあったんです。しかし止められて、結局大学には行かず仕事を続けました。

仕事を続けていてよかったなと思うこともあれば、今でも大学に行きたいと思うこともあります。今は他にやりたいことがあるので本気で大学を目指したりはないですが、ずっと後悔の1つに残ってます。

大学に行って学歴を手に入れることだけが必ずしも正解とは思いませんが、本当に学びたいことがあるならば迷わず学びにいくべきかとは思います。

そして私が学生の時は気付けなかったかんですが、たくさんの同世代の人と一緒に過ごすということもすごく大切で貴重な時間です。社会に出れば同世代が何百人何千人も集まるなんて絶対にありません。

大学生活は自分の力で十分価値のある時間に変えられます。社会に出たあと「ただ学歴しか残らなかった」となると本当に勿体無いので、限りある時間を大事にして下さい。


SPONSORED LINK