大学に行かず高卒で就職することのメリット・デメリット

SPONSORED LINK

高校卒業したら大学に行くという考え方が一般的だと思うんですが、そんな中でも大学には進学せず就職する人も増えています。

わたしはは高校卒業後、大学には進学することなく大手企業への就職を果たしました。

実際大手を狙ってたわけではなくたまたま受けた会社が大手だったという、究極運がよかったわたしです。今の会社にはいろいろと不満があったりクソだなと思ったりすることもあった(今もある笑)んですけど、やっぱり大学に行かずにこの会社に就職できてよかったなと思ってます。

しかし、4年も働いているとやっぱりよくなかったって思うこともあるわけです。

人生山あり谷あり、まぁ色々ありますよね。

そんなわけで、今日は私が大学に行かず就職することのメリットとデメリットをお話ししていきますね。

 

メリット

1、お金と時間の余裕ができる

大学生って忙しそうというイメージ。大学行って授業受けて、 終わったらサークルや部活やバイト、家では勉強して…

忙しいでしょ絶対!(私は大学生活については一切知らないので完全なる偏見です)

社会人こそ忙しいってイメージあるかもしれないけど、実際社会人は休みは休みに使えるし、仕事終わって帰ってくればあとは自分の時間だし、多分大学生より自由な時間はあると思うんですよね。

お金も当然、働いてるんだから持ってますよ。

使い方次第でどん底に落ちることもありますので、ローンとクレジットカードと固定費になりそうな契約に注意してれば結構自由なものです。

まだ20歳そこらなら実家暮らししてたっていいだろうし、生活費がそんなにかからない分貯金も出来ると思います。

貯金したお金と有給を使って、学生にはできないちょっと贅沢な旅行なんていいかも。

2、学費というお金がかからない

大学4年間の何百万ってかかってしまうお金はやっぱり大きいです。親が払ってくれるにしても、奨学金を借りて自分で払っていくにしても。

わたしの家庭状況だと大学に行くなら奨学金を借りることになったと思うんですが、何年もお金を払い続けなきゃいけないと考えるとめまいがしそう。

奨学金も借金と考えてなんとなく過ごす大学生活ではなく、これだけのお金をきちんと意味のあるものにしないといけませんね。

3、方向転換したくなった時社会人としてのキャリアを持っていながらもまだ若い

私的にはこれが1番だと思ってる!

方向転換、つまり転職。

自分の夢を見つけて、その道に進みたくなった時。はたまた、会社に嫌気がさして辞めたくなって次の仕事に就きたい時。海より深い理由で辞める時(←え)。

19歳からのとりあえず3年は22歳。23歳からのとりあえず3年は26歳。この差ってかなり大きいです。

実際新しい道へ進むのに年齢は関係ないですが、それでも若さからのエネルギーがあるのは事実。歳を取れば取るだけ足かせだって増えていく。

転職する時の「若さ」と「キャリア」は絶対的な武器になる!

 

デメリット

1、大学生活への憧れはいつまでも消えない

今の会社に就職してからずっと学歴はなくてもいいと思っています。だけど、やっぱり大学に行きたい!と思って会社を辞めようと思ったことが実は何度かあります。

それは別に学歴が欲しいと思ったわけじゃなくて、大学生活への憧れから。

大学生ってキラキラして見えるんですよ。大学生だからできることがある。

自分の夢のために勉強して、部活の汗と涙、楽しいサークルで青春して、 大学内で彼氏彼女なんて作って。みんなが嫌だ嫌だと言っている就職活動だって、経験したことのないわたしからすると楽しそう。卒業旅行どこ行く〜?なんて会話したかった。

同世代の人たちが大学で楽しんでる中、一生懸命仕事をしてると虚しくなる瞬間があります。

大学生活もフタを開けてみれば実は楽しいだけじゃないんだと思います。それでも私は大学の中身なんて知らないから「いいな」って思うんです。

2、高卒は雇わないという企業も山ほどある

わたしは運良く高卒で大手企業に就職できましたが、そんな企業ばかりではありません。大手ほど学歴を求めてます。

自分が将来何をしたいかは見極めていかないといけませんね。

実際のところ入社してしまうと学歴は意味はありません。(持っているスキルは意味がありますが)

しかし入社前だと学歴は立派な武器になってくれます。

わたしは将来フリーランス志望だし今の会社でも職歴もあるから学歴がないことに特に危機感は持っていませんが、もしものことを考えて学歴があったほうがよかったのかも。

3、「学生の特権」を使えない

例えば携帯とか。「学生なら月々の基本料金◯◯円値引き!!」みたいなのとかよく見ますよね。ヘアーカットとか、Amazonプライムとか、そんなのも全部。

あれは学生だからこそ受けられる超羨ましい特権ですよね。

以前大学生の友達と映画に行ったんですけど、その友達は学生料金で私は一般料金みたいなことがありました。

いや別に何百円だし働いてるしそんな細かいことにグチグチ言ったりはしないんですけど、なんとか私も学生料金でいけないかと考えましたね(笑)

学生じゃない分働いてお金は持っているものの、やっぱりお得ならお得の方がいいに決まってます。

学生の特権なんだから学生じゃない人は使えなくて当然なのに「同い年なのに〜」と行き場のない気持ちがありました。

 

わたしは高卒で就職できて心からよかったと思っている

自由な時間とお金があったからこそ自分が好きなもののためにたくさん投資できました。それがあったからこそブログにも行き着いたんです。

そして人生の先輩たちのたくさんの価値観に触れることができました。

どんな選択をするかももちろん大事なことですが、その選択の中でその環境を最大限に有効活用しどれだけのものを得られるかがもっと大事ですよ!

SPONSORED LINK