「同期って大事だな」と思える3つの瞬間と、「ふざけんなよ」と思う3つの瞬間。

SPONSORED LINK

社会人6年目のナガシマナツミ(@ngsmntmです。

わたしが住む福岡は地元愛とかが結構強いんですが( icon-arrow-right 参考記事)、さらにわたし個人的には(会社の)同期愛というやつがめちゃくちゃ強かったりします。
他の人は分からないけど、わたしとわたしの同期に限ってはめちゃくちゃあついものだと感じています。

そんなわたしと同期の気になる仲良し度合いは以下の通り。

  1. 入社6年目にして未だに「同期なんです」と周りに言いふらす
  2. 入社6年目で持ってる業務も違うのに未だに研修とかは一緒に行きたい
  3. 電話で愚痴りだすと1〜2時間とかカップル並みに余裕で話す
  4. 誕生日はお決まりのお祝いLINE
  5. 年末年始は忘年会or新年会のどっちかを2人でする
  6. 同期だからとお互いにヒイキしがち

ちなみに同期はわたしの7歳年上の男、既婚者。ちなみに、恋沙汰のうんぬんかんぬんは一切ありません。

同期
こんなガキンチョ相手にできねーよ!
ナッツミー
いやいや、こっちのセリフだしおっさん!!

そんなわたしと同期ですが、5年間も一緒に働いていると「同期って大事だな」と思う瞬間がもちろんありますが、ついつい「ふざけんなよ」と思ってしまう瞬間もあったわけです。

今日はそんな、誰得でもないわたしとわたしの同期の話をしていこうかな〜と思います。

 

「同期って大事だな」と思う3つの瞬間

1、「同期なんです」と言ってくれる時

わたしの同期は優秀で、今までにない最短出世コースを進んでいるような人なんです。
わたしはその後ろを必死についていこうとしてるけど、実際全然ついていけていません。

実力主義の会社なので(ブラックではありません)、常にさらに上を見ていかないといけないのに、

同期
同期はナガシマです!一緒に頑張ってます!

と言ってくれるんです。しかもわたしのいないところで。

同期って今はひとりしかいないので(最初は10人くらいいた)、今でもそう言ってくれるのは本当に嬉しい。最初のスタートが同じで、ここまでずっと一緒だったので、「一緒に頑張りたい」と言う言葉はすごく響きます。

会社では入社がいつかとか同期が誰かとかたいして関係ないんですが、お互いが「同期同期」と言い合ってるので、わたしたちのことだけ有名です。笑

2、思いっきり喧嘩した時

この歳になって、誰かと喧嘩することってあんまりないと思うんです。

何かあれば自然に距離を置いて自然に疎遠になったり、ぶつかるにしてももう関係に亀裂が入ることを前提にぶつかります。

でも、同期とはかなりガチな喧嘩を日常的にするんです。

同期
これが〇〇になって、だからここが〇〇になるってなんで分かんないの?仕事する気あんの?やる気ないならもう仕事辞めれば?

とか、仕事のことはもちろんだけど。

同期
お前の今の彼氏、チャラそうで嫌いだわ
同期
あれ、最近太った?

とか、仕事とは一切関係ない低レベルなことまで。

わたしは負けず嫌いなので言われっぱなしになることは絶対になく言い返すんですが、気づけばかなりヒートアップして周りが止めに入るくらい。
喧嘩して泣きながら家に帰るなんてこともよくありました。

でも次の日会ったらいつも通り「おはよう〜」ってお互い言えるんです。
仲直りという概念はなくて。次会った時の気まずさから本気でぶつかれないとかあると思うんですけどそんなのは一切ありません。

だからといって、ぶつかったことがなかったことになっているかというとそういうわけでもなく、ちゃんと受け止めて自分の中でしっかり答えを出します。

信頼関係ですね。今のわたしの人間関係でここまでできるのは同期だけです。(友達少ないんです泣)

3、将来の話をしてる時

同期は今の仕事をこれから先何年も続ける気で、夢を持って働いています。
でもわたしの夢は同じところにはなくて、会社を辞めたその先に繋がっているんです。

「東京に行きたい」と言うわたしに、

同期
俺が(東京の)本社勤務になったら、東京で会えるじゃん。
そん時はウマい肉と酒奢って!笑

そう言ってくれます。
会社を辞めても、同期とは違う関係で繋がって行けるんだな〜と思うと嬉しい。

ナッツミー
ブログ書いて絶対今以上に稼げるようになって〜
田舎に移住してゆっくり生活して〜
海外に行って海外の生活も体験したいし〜
同期
ふ〜ん(高確率でスマホとか触ってる←)

わたしはいつも夢しか語ってないので、最近は飽きてるみたいです。最初は「いいじゃん!」と言ってくれたのに。

ちなみに、わたしの方が年下なのでお肉もお酒も奢りません。逆に奢ってもらいます。笑

 

「ふざけんなよ」と思う3つの瞬間

1、後輩の前で面白くもない元カレの話をしてた時

5年の間にお互い(別の人と)恋愛のひとつやふたつはあったわけですよ。でももう終わった話じゃないですか。

そんな特になんのオチもない面白くない話を、酔った時に後輩の前なんかでするわけです。

同期
あいつあの時、こんな男にひかかってさ〜。こんなことで泣いてたんだわ〜。
ナッツミー
や め ろ !!

本当に勘弁してほしいわけですよ。特に後輩の前では。
毎回ガチでキレるんですけそ、油断した時にまた同じことが起こります。そしてまたキレます。

後輩に「ナガシマさんって実は怖い人なんじゃ…?」と思われてそうで怖いです。

2、意味の分からない無茶振りをされた時

役職がついてからはそれなりに落ち着きましたが、もともと同期は目立つのが好きでした。

飲み会の席では進んで一気飲みをしたり、一発芸を披露したり。
ひとりでやってる分には面白いからいいんですけど、かなりの高確率で無茶振りが飛んできます。

同期
焼酎ロック一気します!ナガシマと一緒に!!!
ナッツミー
待て待て待て…)←上司がいる手前断れない。

いつの間にか「いつも一気飲みするやつ」になっていた時は同期を恨みました。←

お酒は弱くはないんですが(むしろ多分強い方)、同期と何回も焼酎一気して記憶を飛ばした経験があります。その時どうやって帰ったか未だに謎です。

3、奥さんから電話がかかってきた時

同期の奥さんとも仲良しです。同期なしで、奥さんと2人で遊べるくらい。
奥さんをも信頼関係があるので、わたしと同期が仲良いことを何か言われたりすることはありません。

そんな奥さんから飲み会の途中で電話がかかってくるんです、「旦那知らない?」と。

奥さんはかなりの心配性。そして同期は結構な確率で奥さんへの連絡を忘れているみたいです。

同期
やばい!言ってなかった!知らないって言って!!
ナッツミー
・・・

わたしと奥さんの間に亀裂が入ってはいけないので、わたしは本当のことを話します。

別にわたしは何も悪くないのに気まずさが半端ない。

飲み会のたびに「ちゃんと奥さんに連絡した?」と聞くのがめんどくさい。大人なんだからちゃんと自分で責任持ってください。←

 

控え目に言って、同期には感謝しかない。

今の会社に入社して6年目ですが、同期がいたから頑張れたなって思えます。
多分これから、同期という存在ができるような働き方はしないと思うので、最初で最後だろうな。

これから、同期以上にいい関係が築ける人に出会いたいです。

 

同期
辞めるのを辞めるのはいつでも大歓迎だから!!
ナッツミー
そんなこと言う大人が大嫌いです。

以上、わたしとわたしの同期の話でした〜。

 

SPONSORED LINK