何かが終わるからこそ、何かが始まるということ。

SPONSORED LINK

こんにちは!ブロガーのナガシマナツミ(@ngsmntmです。

前回の更新から1ヶ月弱経過しました。ちなみに前回の更新はこちらです icon-arrow-down

【ご報告】ナガシマナツミ、25歳。高知に移住するってよ!

2017.09.06

この1ヶ月は本当に忙しくて。

わたしの働いている会社は1年の中で9月が2番目の繁忙期、忙しい上に残業も続き、引き継ぎも結構大変、それなりに長くいたのでいろんな人から送別会のお声がかかったり…。

あと平行してライターの仕事も始めたので、毎日がめまぐるしく忙しかった!

ナッツミー
基本ゆったりまったり派なので、まじ辛い1ヶ月だった…

しかし、そんな1ヶ月が終わりました。9月30日が最終出勤日でした。

高知に移住するまで残り数日ですが、今一気にいろんな感情が押し寄せてきたので忘れないためにもブログに残しておこうかなと思います。

 

分かっていたようで、きちんと理解できていないこと

1、無職になることの不安

仕事を辞めて、わたしは無職になるわけで。

Webライターをしながら生計を立てたいなと思っていたんですが、実際生活できるくらいの稼ぎはまだありません。

しかし毎月決まった支払いはあるんです。

そんな中で、今まで当たり前にもらってきていたお金を手放しました。

お金がなくなることへの不安、それに気づいたのが最終出勤日の3日くらい前。

今まではお金を使っても働いて生み出している感じがあったから大丈夫だったけど、今日からはそうじゃない。

お金ってすごく大事だなと感じています。

仕事を辞めて高知に移住してもゆったりした生活が送れるわけではなく、忙しくパソコンに向かう日々が続きそう。

頑張って稼ぎます!

2、なんでもないと思っていたけど実は大切だったもの

わたし、4月から異動した部署の人たちとあんまり距離を詰めていなかったんです。

仕事中や休憩中なんかも仕事以外の会話をすることなんてなかったし、プライベートで集まることもありません。

でも、みんな辞めていくわたしのために寂しがってくれたり、応援してくれたり、送別会を開いてくれたり…

ただただ嬉しかったし、わたしもみんな中の一部だったんだなと気づきました。

それからはひとりひとりになにか残したいなっていう気持ちになって、でも結局なにもできずに終わっちゃったんですけど。

もっとみんなといられる時間を大事にしてくればよかったなー。

多分きっと、失ってから大切なものに気づくっていうのはこうゆうことなんだろうなーと思いました。

3、家族の大切さ

今回、はじめて家族のもとを離れることになります。

これまでに一人暮らしの経験もありますが、20〜30分くらいの場所でいつでも会えました。

今日の夜ごはん食べにいくね、なんていうのもしょっちゅう。

しかし今度から福岡と高知、車だと高速を使って8時間くらいかかります。

簡単には会えない距離だなと思うと、今までいろいろ甘えて頼っていて、たくさん守られていたことに気づきました。

本当にひとりになるし、何より寂しい。

ずっとそばにいてくれた家族がいなくなることへの不安もある。

家族って大事だなーと再確認。

 

ここからがスタート!

お金の不安、家族と離れる不安、地元を離れる不安。

わたし、本当は結構不安です。

でも高知での生活を考えるとそれ以上にわくわくして、不安だけど動かずにはいられない。

そんな感じ!

 

とりあえず、死なないようにしっかりお仕事をする。

お金は節約する、無駄使いはしない。

目の前にあることは全力で取り組む。

この「わくわく」を忘れずに、楽しむ。

ここからまたはじまる。

以上、ナガシマナツミでした!

SPONSORED LINK