気持ち悪いほど当たる自己分析ツールを使ってみたら、まじ当たりすぎて笑った。

こんにちは!ナガシマナツミ(@ngsmntmです。

突然ですが、あなたは「自分の強みは?」と聞かれて答えることができますか?

わたしは、できませんでした!

昔から頭は良くないし、運動もできないし、高卒で学歴もないし、特技なんかもないし…。

強みどころか欠点だらけだと思っていました。

でも、

そんなわたしでもひとつくらい強みがあるんじゃないか…?

と思って、気持ち悪いほど当たるを有名な自己分析ツールを使って自分の強みを診断してみたんです。

そしたら、本当に笑えるほど当たりまくっていたので皆さんにも共有していこうと思います。

 

SPONSOR LINK

グッドポイント診断で自分の強みを診断してみた

まずはわたしの診断結果を公開します

自己分析ツールを使ってわかったわたしの強みはこちら。

わたしの診断結果

わたしにも強みあったああああ!!!

たった30分くらいでできる無料の診断で、ないと思っていた自分の強みを知ることができました。

今まで自分には欠点ばかりだと思っていたので、一気に5つも強みが見つかって嬉しくなりました。

しかも、グッドポイント診断ではひとりひとりに合った解説付き。

この解説が面白いくらいにかなり当たっていて、「自分にこんなとことがあるのはわかっていたけどこれって強みだったんだ」気づくことができました。

これが無料で受けれるなんて驚きです。

自己分析をすることによって弱みが強みに変わる

この解説を読み進めると、

ん?これは…???

という部分がありました。

例えば、親密性の下記の部分。

あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。

わたしは昔から本当に友達が少ないタイプだったんです。

友達って多いと人間関係のめんどくささとか出てくるし、ひとりひとりと話したり遊んだりするものめんどくさいと思ってて。

友達が多い人に憧れてはいるものの、コミュ障なのもあり、なかなか友達が増えることはありませんでした。

だからといって仲の悪い人がいるというわけでもなく、基本誰とでも適度に話すことはできて、必要な時に必要な人と程よい距離感で接してきたという感じ。

これはわたしの欠点だと思っていました。

八方美人みたいなもんだと…

でも、それができるのはわたしの強みなんだとこの診断をしてはじめて知ることができました。

自分の強みそ知ることの重要性

自分の強みを知って大きく変わったのは、自己肯定感が高まったことです。

自分の弱みしか知らなかった時は、本当に自己肯定感が低くて何か失敗をしたり、誰かに何かを反対されたりするたびに、

ああ、もうわたしダメだ…

となっていました。

でも、強みを知ってからは「それでもわたしは大丈夫!」と思えるようになったんです。

人と比べて悲しくなることもなくなったし、誰かのことを「あの人は特別だから」と思うこともなくなりました。

そうなることによって、人に優しくできるし、ストレスも減って、日々の暮らしがこれまで以上に豊かになりました。

 

たった30分!グッドポイント診断で自己分析

今回わたしが使用したのは、「グッドポイント診断」という自己分析ツールになります。

大手転職エージェントリクナビNEXTが運営しているものです。

↑このような質問に直感的に答えていく診断になっています。だいたい20分くらいで終わります。

強みは18種類、8568通りの中からあなただけの強みを教えてくれるかなり本格的な診断です。

本当になんで無料なんだ!!!

たった20分でできる面白くてためになる診断なので、「自分の強みは?」という質問に答えられない人はぜひやってみてください!

SPONSOR LINK