こんにちは!ナガシマナツミ(@ngsmntmです。

わたしは今、フリーランスのブロガー・Webライターとして活動しています。

場所を問わずパソコンとWi-Fi環境があれば仕事ができる環境ですが、実は最近メインデバイスをMacBookProからiPadProに変更しました。

毎日MacBookProは持ち運ばずに、iPadProを持ち歩いています。

この記事では、わたしがメインデバイスをiPadProに変更した理由を書いています。

 


わたしがiPadProをメインデバイスにした5つの理由

1、MacBookProが大きい&重すぎる

わたしはMacBookProの13インチを持っているんですが、MacBookProって結構重いんですよね。持ち歩くのが大変…。

普段からiPadProもめちゃくちゃ使うので、MacBookProとあわせてiPadProも持ち歩いていたんです。

いつも肩がもげそうだった

それでなくてもパソコンを見ている時間が長くて肩こり気味なのに、さらに荷物が重くてひどくなる事態に…。

iPadProなら、SmartKeyboardとApplePencilをあわせてもだいぶ軽くなるので、肩こりが軽減されました!嬉しい!

2、カバンのサイズを大幅にミニマム化できた

わたしミニマリストなので、基本的に荷物が少ないんです。

出かける時に持ち歩く荷物って、

  1. 2つ折りの財布
  2. 超ミニサイズのポーチ
  3. リップ2本くらい
  4. マスク
  5. ボールペン
  6. ハンカチ
  7. ティッシュ
  8. iPhone7 Plus

くらいなんです。小さなポシェットがあれば十分。

書き出すと、以外に多くてビビった←

でも、MacBookProを持ち歩くだけでカバンのサイズが5倍くらいになってしまうですよね…。しかもサイズが大きくなるとマチも大きくなって、カバンの中に無駄な空間ができるのが嫌でした。

iPadProであれば、ポシェットはさすがに小さすぎて入りませんが、小さめのカバンに入るしカバンの中の無駄な空間も少なくすみます。

iPadProにして全体的に持ち物がすっきりしました!

3、CellularモデルだからポケットWi-Fiがいらない

ノマドワーカーに欠かせないのがWi-Fiです!

パソコン1台で作業している人はだいたいポケットWi-Fiを持っているか、外で作業するときはWi-Fスポットを探すかになると思います。つまり、持ち運ぶものが1アイテム増えるか、毎回Wi-Fスポットを探すという手間があるというわけです。

でもわたしが持っているのは、CellularモデルなのでSIMカードが入るんです!

わたしはポケットWi-Fiを持っていない代わりにSIMカードを契約して、iPadProで使っています。

もともとWiMAXのWi-Fiを持っていましたが、わたしが住んでいるのはど田舎で常に圏外だったので解約しました。今使っているSIMはドコモの電波を使っているので、ど田舎でも問題なく使えます!

(ちなみに家はシェアハウスで光回線あり)

いつでもどこでも、iPadProを開けば作業できて快適です。

4デザインの勉強&仕事にApplePencilが必須

最近グラフィックデザインの勉強をしているんです。それをiPadProでやっています。

iPadProでデザインをするためには、ApplePencilが必要不可欠!(細かい作業とか手書きのイラストとか)

そんなわけで、MacBookProを持ち歩いたとしてもiPadProが必要なわけですよ。

MacBookProとiPadPro(+ApplePencil+SmartKeyboard)を合わせると2kg超え、さらにそれぞれの充電器を持ち歩くとさらに大変なことに…。

肩がもげる(2回目)

5、寝転がってても作業ができる

いや、普段から常にじゃないですよ!

でも、たまにごろごろしたいときってあるじゃないですか!(わたしの場合たまにではないが←)

でもやらなきゃいけない仕事がある、っていうそんな時です。

仕事しろって感じですが、ごろごろの誘惑に負けてしまう…

仰向けでも文章が書けるように日本語かな入力(ケータイと同じ入力方法)ができるようにしています。キーボードを使うより執筆速度は落ちますが、ごろごろしながらでも仕事が進むのは嬉しいです。

ちなみにフリック入力ができないので、練習中。あれができたらもっと作業が早くなるのに…。

 

iPadProでも十分快適な作業環境を作ることができる

「iPadProで作業なんてできないでしょ?」

とよく言われます。わたしもそう思っていました。

実際にこれまでも、iPadAirとかiPadminiをもっていてBluetoothのキーボードを使って執筆環境を作ろうとしてきましたが、どうしても不便だったんです。

でもiPadProが次元が違いました。

iPadProにSmartKeyboardとApplePencil、そしてたくさんのアプリもあるので、それを組み合わせれば快適な執筆環境は作れます!

ちなみに、この記事の途中に入っている画像もわたしがiPadProとApplePencilで作りました〜!

 

SPONSOR LINK