こんにちは!ナガシマナツミ(@ngsmntmです。

フリーランスという働き方をしている今、何かに縛られることなく毎日のんびりゆるりと生きています。

フリーランスになるまでは、週5フルタイムで働いていました。毎日朝バタバタ支度して家を出て、目まぐるしく忙しい中働いて、残業して夜遅くに帰って、寝る。

そんな毎日でした。正直、何がそんなに忙しかったかなんて覚えていません。

わたしは、そんな毎日から抜け出したくて、フリーランスという道を選びました。

「のんびり仕事したい」

それは、全人類共通の願望なんじゃないでしょうか。

 


誰だって窮屈な働き方は辛くなる

「会社員なんだから週5働くのは当たり前」
「会社員なんだから同じ時間に出勤して残業して帰るのは当たり前」
「みんな同じ」

そんな風にちゃんと割り切っていたはずなのに、いつのまにかそれが不満に変わっていました。

会社中心のライフスタイルに嫌気がさしていたんです。

「もっと休みがほしい」
「もっとゆっくり寝たい」
「のんびり仕事したい」

そんな気持ちをずっと抱えていて、なんとか頑張っていたけれど、どうしても耐えられなくなった時、わたしは思い切って会社を辞めてフリーランスになりました。

フリーランスになった今、あの時感じていた窮屈さはいったいなんだったんだろうという感じ。

我慢しすぎだ、ばか。

もっと楽をしたいっていう気持ちは、自然なことだと思うんです。

本当は誰だってそう思っているはずなのに、なんでか、その気持ちを無視して今の環境の中で耐える人が多い。

以前のわたしもそうだったけど、その環境から抜け出した今、それはものすごく異常なことだなって思います。

 

その「不満」や「つらい気持ち」を放置しないでほしい

1日の中で働くために使う時間って、かなりの割合を占めますよね。

ただ、働いている時間だけではなく、通勤している時間や、朝会社に行くために準備をしている時間もそう。かなりの時間を費やしているはずなんです。

会社員なんだから当然、と言ってしまえばそれまで。

でも、もしそのことに不満を感じていたり、つらいと感じているならば、その気持ちを放置しないでほしいんです。

「我慢しなきゃいけない」

そんな風に、自分で自分の首を絞めてしまっていませんか?

働く時間が1日の大半を占めるということは、人生の中でも大半を占めるということになります。

そんな長い時間不満を抱えて働くなんて、しんどすぎじゃないですか?

 

SPONSOR LINK

今の辛いその働き方が全てじゃないんだよ

わたしは、窮屈な働き方に耐えられなくなって、のんびり働くことができるフリーランスという道を選びました。

わたしの働き方は、パソコン1台で、世界中とこででも好きな場所で好きなときに仕事だできるワークスタイルです。

この記事も、平日のお昼にスタバのコーヒーを飲みながら書いています。そんな風に生きている人もいるんです。

今の働き方が窮屈でもっとのんびり仕事がしたいと思ったら、いろんな働き方に触れてみてください。

自分の今の悩みがちっぽけなものだって気づくはず。

 

SPONSOR LINK