こんにちは!ナガシマナツミ(@ngsmntmです。

わたしは今、高知のど田舎でフリーランスという働き方をしてて、毎日ゆるりと生活しています。それまでは、福岡という都会でバリバリ会社員をしていました。

会社を辞める時「好きなことをして生きていく」と散々言ってて、今は本当に好きなことで生きてます。

そんな生き方していると、「やりたいことってどうやったら見つかるんですか?」と質問されることがあります。

やりたいこと探しって、簡単なようで、難しいですよね。

焦らずに、いつもと違う道を歩くことから始めてみるといいんじゃないかと思います。

 


実は、わたしだってずっとやりたいことがなくて悩んでた

実はわたしも、ずっとやりたいことがありませんでした。

学生時代、将来の夢はありました。天文学者です。わたし、ずっと星が好きで、まだ発見されてない星を見つけて自分の名前をつけることが夢だったんです。

ただ、思い描くだけの夢で、行動には移しませんでした。

その夢も諦めて、気づけば適当な企業に就職していて、なんとなく目の前の小さな目標はあったけど、「わたしのやりたいことはこれ!」と胸を張って言えるようなことは何もありませんでした。

将来の夢を持って、学校に通って資格を取っていたり地元を離れたりと、行動を起こしている人たちを見ていつも劣等感を感じていました。

 

きっかけはそこらへんの些細なところにころがっているもの

そんなわたしのターニングポイントは2017年の6月。

一緒に高知に行ってくれる人募集〜

SNSで友達がそんな投稿をしているのを発見して、ノリで「行く!」と言ったことがきっかけでした。

ちなみに高知なんて縁もゆかりもなかったし、興味もありませんでした。どんな場所かも知りません。行くと決めた理由は本当にノリ。

しかし、これがきっかけだったんです。わたしの人生を変えたとも言っていい出来事でした。

きっとこれを逃したら高知に訪れることはなかったです。

この時高知を訪れてからたったの4ヶ月後に、わたしは高知へ移住しました。

 

SPONSOR LINK

やりたいことがひとつ見つかればそのあとは次々に見つかっていく

「高知に移住したい」

それがわたしのひとつ目のやりたいことでした。

2つ目は「ブログでごはんを食べていきたい」、そして「いつか福岡に帰って活動したい」「デザインの勉強がしたい」「海外でノマドしてみたい」「ひとり海外旅行してみたい」などなど。

ひとつ見つけてそれを叶えてからというものの、やりたいことが次々に見つかるようになりました。

やりたいことがなくて悩んでいた自分はたしかにいたはずなのに、それが嘘みたいに今のわたしにはやりたいことがあふれています。

たった1年です。きっかけなんて、ただの「ノリ」だったのに。

 

いつもと違う道を歩くことから始めてみるといいんだよ

きっと、いつもと違う日常にやりたいことはあるんだと思います。

今の日常の中にあるならもう見つけるはず。

だから「やりたいことが見つからない」という人は、いつもと違う道を歩いてみるとか、そんな小さなことから始めてみるといいと思います。

いつもと違うお店で買い物してみたり、いつもは行かないところに旅行に言ってみたり、懐かしい同級生に久しぶりに連絡をとってみたり。

やりたいことは突然目の前に現れてくれるはず。そして気づけば、わたしみたいにやりたいことにあふれてる。

いきなり答えを探そうとしないで、小さなことから始めてみてください!

それでは!