働いていると、どうしても「仕事行きたくないな」と思うことがありますよね。

わたしも会社員時代はよく思っていました。

「仕事行きたくないな、どうやって休もう…。いや、やっぱり休めない」

そんな風に会社に行きたくないけど休む勇気がなくて、毎日仕事に行っていました。

そんな自分を、しっかり仕事に行っていて偉いと思っていたし、それが社会人としての常識で立派なことだと思っていました。

でも、無理して仕事に行くのは全然立派でもなく偉くもないことに気づいたんです。

仕事に行きたくないと思ったら我慢して行く必要はありません。

この記事では、仕事に行きたくないと思った時に知っていてほしい2つのことと、ズタボロになった自分を守るための3つの方法を書いています。

「仕事行きたくなくて毎日しんどい」

そんな悩みを持っている人は、ぜひ最後まで見て行ってくださいね!

 

SPONSOR LINK

「仕事に行きたくない」と思った時に知っていてほしい2つのこと

1、仕事に人生かける必要なんてない

「仕事=人生」と思っていませんか?

わたしはそう考えてしまっていて、「仕事を休むなんて社会人失格」と思っていました。

体調管理不足で風邪で休むのもいけないことだと思ってて、熱が38度以上あるときに出勤したこともあります。

そのくらい、仕事を休むということができませんでした。

でも、痛いことを避けたいように、辛いことを避けたいのは自然なことなんです。

仕事を休みたいということは、仕事が辛いということ。その気持ちを放置してはいけません。

別に仕事が全てなわけではありません。だから仕事が辛いなら逃げてもいいんです。

仕事なんかよりも自分自身を大事にしてあげてください。

2、世界は広い!自分の今いる世界はとても狭いということを知ろう

仕事が辛いと思っていたはずなのに辞められなかったのは、自分にはもう後がないと思っていたからです。

わたしは高卒で大手通信企業に就職しました。

きっとこの会社を辞めたら、学歴もないし資格もないわたしが、今以上の企業に就職するなんてできるわけがないと思っていました。

見えている世界が狭かったんです。

この世界には、たくさんの仕事が溢れていてもっと自分にあった企業がたくさんあるし、高卒でも資格がなくても就職する方法だってあったのに。

無知は自分を苦しめます。

「そんな働き方してるの?」驚いてしまうほどの働き方をしている人はたくさんいます。

今見えているもの、知っていることだけが全てだと思わず、もっとたくさんの働き方や職種に興味を持ちましょう。

今よりもっと楽しくて、自分らしく働ける企業はたくさんあるんです。

 

自分のことは自分で守る!ズタボロになった自分を守るための3つの方法

1、とりあえず逃げてみよう

「仕事に行きたくない」と思ったら、まずはその気持ちに素直に従って会社を休みましょう。

会社より自分自身を大事にして下さい。

案外周りは休んだことを気にしていないものです。むしろ、出勤してやる気がない状態でダラダラ仕事をする方が迷惑なんです。

潔く休んで大丈夫。

会社いに行かず、家でダラダラしながらゆっくり休んでもいいし、お出かけしてリフレッシュしてもいいし、カラオケに行ってストレス発散しても、なにをしてもいいんです。

とにかく自分のために時間を使ってあげて下さい。

2、熱中できる趣味を見つけよう

仕事が辛い時こそ、仕事以外に熱中できるものを見つけましょう。

仕事しかない状態だと、「仕事=人生」となってしまいます。

それだと、考えることが仕事のことしかなくて、本当に辛いだけになってしまいますよね。

わたしは、会社員時代ブログという趣味があったので、仕事中のちょっとした時間にブログに書けそうなネタを探したり、家に帰ってからもブログを書いていて仕事のことを考えなくてよかったのですごく気が楽でした。

少しでも楽しみが増えれば気持ちの持ちようが変わってきます。

3、さくっと転職してしまうのもあり

思い切って会社を辞めるのもありです。

「仕事に行きたくない」と行っている人は多いですが、行きたくないほど辛いのって異常なことなんです。そんな場所にいつまでもいるものではありません。

その場で無理に頑張らなくても、働く場所はたくさんあります。

辛いならさくっと見切りをつけて辞めてしまって、転職してしまいましょう。

 

SPONSOR LINK

行きたくないなら行かなくてOK!自分を守ることを1番に考えよう

「辛いけど毎日頑張って会社に行く」

それは立派なことのように感じるかもしれませんが、全然立派ではありません。

辛いのに無理して会社に行ったって褒めてくれる人は誰もいません。逆にそんな状態で仕事を続けていたら、精神が崩壊して鬱になってしまうかもしれません。

自分を守れるのは自分だけです。

最初は逃げることに抵抗があるかもしれませんが、時には逃げることの大切です。

「行きたくない」と思ったらその気持ちに素直に従って、ずっと我慢時続けるということがないようにして下さい。

SPONSOR LINK